• HARDCC”K2”ダウンジャケット!
  • 真夏のホラー濃縮三連発!
  • ブルース・リー、不滅の魂!
  • じゃりン子チエ!
  • 巨大フジ隊員登場!

HARDCC”K2”ダウンジャケット!

K2ダウン

予約受付中!!

まだまだ暑い中、気が早くてごめんなさい!!

今年のコアチョコの冬は待望のダウンジャケットだぜ!!

今年のアウターはコアチョコ史上最強・完全防寒のガチ仕様!
さらりとした表地はコアチョコ節全開のブラック一色。ここにハードコアチョコレートを象徴するワッペンが鈍く光る、追随を許さない硬派なデザイン。

チラリと見えるバーガンディのファスナーテープは差し色で全体を引き締めるニクいやつ。

中にたっぷりと詰め込まれたダウンは「コアチョコ史上最強の防寒仕様」を名実ともに支える心強い存在感。

これがコアチョコのダウンジャケットだ!
ファスナーを開けるとこちらもシックなバーガンディのボア裏地が登場。黒の中のバーガンディカラーは、まるで高級外車かソファーに包まれているよう!?あなたをどこまでも包み込んでくれる身も心も暖まる優しさで溢れた仕様に。

これだけではない。コアチョコ謹製というからには、細部への拘りは一級品だ。ボタンはおなじみのコアチョコスカルがバッチリ刻印され、強さをより体現したストロングスタイル!
また、各所に配置されたポケットはどれもフェイクではない、実用性に特化したポケットに。

それだけでは飽き足らないのが我らがハードコアチョコレート。
フードについたボアがあなたの頭部をしっかりホールド。もちろん絞り紐でサイズ調整可能なので、野営でも街歩きでもあなたの気分次第でホールド感UP。急に思い立った一人旅には最適な仕様だ。
そしてフードなんて軟派なものは被らないという貴方に朗報です。
こちらのフードはファスナーにて取り外しが可能。なんと実用的!あらゆる季節に対応する万能なダウンジャケットなのだ。

今年の冬は貴方が凍えることのないように。
極寒でも大丈夫。どんな時だってあなたの側にいるのはハードコアチョコレートだ。

ハードコアチョコレート東京、大阪店舗にはサンプル品を陳列しているから、
お近くの人は是非お店で試着してみよう!

[受注期間]
7月20日(水)18時〜8月8日(月)15時

予約受付中!!

真夏のホラー濃縮三連発!

2022ホラー3連発

2022年夏のホラーは豊作だぞ!

コロナだロシアだと、鬱々としてる社会情勢を吹っ飛ばすかのような弾けっぷり!
「X エックス」「哭悲/THE SADNESS」「女神の継承」と、どれもスンバラしい作品ばかり!

ハードコアチョコレートも原点に戻って、この三本の作品とコラボレーションしたぜ!
着てから観るか、観てから着るか?街をどん底に落とす恐怖のデザインを見よ!!!

ハードコアチョコレートのホラー映画コラボレーション

映画『哭悲/THE SADNESS』公式サイト
映画「X エックス」公式サイト
映画『女神の継承』 公式サイト

ブルース・リー、不滅の魂!

ブルースリーバナー

待望のコラボレーションが実現した「ハードコアチョコレート×ブルース・リー」。
キャリアで最も人気が高い時期の作品を次々とリリース!どれもマストで、選び難い最高のデザイン。
今だから熱いコラボレーションを是非その胸に!!

ブルース・リー×ハードコアチョコレートはコチラ!

じゃりン子チエ!

じゃりン子チエバナー

1980年代に国民的漫画として人気を博したのがこの「じゃりン子チエ」!

元気いっぱいの「永遠の小学5年生」チエちゃんを主役に、個性的だがなぜか憎めない、人情味豊かな浪花の人々との日常を描いた作品。やくざな父親テツにやさしいお母さん。人の言葉を理解する猫の小鉄とアントニオJR、花井センセにヒラメちゃんなど魅力的なキャラクター、ガチな大阪弁は大いに話題になった。

仕事をしない父・テツに代わり、自分でホルモン焼き屋を切り盛りするチエの健気で純粋な姿に心打たれた人も多かった。81年4月には高畑勲監督によりアニメ映画化、その後二度にわたりTVアニメ化もされた。ファミコンやパチンコにもなりその知名度は抜群!今も愛される作品である。

かねてから熱望されていたハードコアチョコレートとのコラボは、2022年にようやく実現。
そのデザインも原作ファンなら涙ものの完成度、まさに100%着るじゃりン子チエ。原作の息吹が見事に封じ込められている。

じゃりン子チエ×ハードコアチョコレートはコチラ!

巨大フジ隊員登場!

巨大フジバナー

幼き少年たちをアッと驚かせ、なおかつトラウマを植え付けた存在と言えばこの巨大フジ隊員!

メフィラス星人が企てた地球侵略。科学特捜隊のフジ隊員の弟サトルに「地球をあげます」
と言わせようとした際、サトルを精神的に追い詰めて脅すためのパフォーマンスの一つとして、
彼の姉を巨大化させた姿。

メフィラス星人により意思を一時的に消され、虚ろな表情で街を徘徊する姿は不気味であり恐怖!
ビルを破壊する姿は永遠に忘れる事が出来ない「残像」として多くの人々の胸に焼き付いている!

そんな巨大フジ隊員が、遂にハードコアチョコレートのウルトラ怪獣シリーズに登場!
Tシャツでも薄れる事のない、圧倒的なインパクトを見よ!
科学特捜隊カラーとも言えるオレンジボディに両面にプリントされたフジ隊員、歴史的初アパレル化の快挙、買わないでどうする!?メフィラスと共にどうぞ!

円谷プロダクション × ハードコアチョコレート

文豪シリーズ第三弾は松本清張!

松本清張

松本清張没後30年となる今年、2022年——
「文豪レジェンドシリーズ」に、遂に松本清張が登場!

松本清張がいなければ、日本ミステリー界の発展はなかった。

エンターテインメント史に燦然と輝く、まさに文芸界のスターでありレジェンド。
今もなお、多くの作家やクリエイターに影響を与え続け、ファンを魅了してやまない。

1950年(昭和25)に「週刊朝日」‶百万人の小説〟に応募した「西郷札」が入選。
1952年(昭和27)「記憶」「或る『小倉日記』伝」を発表。
「或る『小倉日記』伝」は第28回芥川賞を受賞するなど頭角を現す。

1958年(昭和33)「点と線」「眼の壁」の単行本がベストセラーとなり、
社会派推理小説のブームを巻き起こした。

昭和史、古代史など様々な分野で旺盛な作家活動を展開。
作家生活四十余年、その作品数は1000篇にも及ぶ。
「張込み」「砂の器」「鬼畜」「疑惑」「天城越え」など、
著作が次々と映画・TVドラマ化され、映像化の回数は470回以上。未だに高い人気を誇る。

1963年(昭和38)、日本推理作家協会・初代理事長の江戸川乱歩からバトンを受け継ぎ、
第2期理事長に就任。
以降5期まで、同協会理事長として活字文化の発展と後進の育成に尽力した。

文豪レジェンドシリーズでは初となる2タイプのデザインを同時発売。
作家の精悍な肖像と推理小説をイメージさせるロゴをフロントに配し、
バックを直筆原稿の山と作品タイトルで覆ったブラックカラー。

昭和史最大の謎、「下山事件」の現場を取材する貴重な姿がプリントされたスミカラー。
どちらも松本清張の重厚で圧倒的な作家性を象徴するデザインとなっている。

文豪レジェンドシリーズはこちら!

丸山ゴンザレス/世界危険旅行

丸山ゴンザレスバナー

世界中の危険地帯や裏社会を取材するジャーナリスト、丸山ゴンザレス!

欧米圏はもちろんの事、アジア、中米、南米、アフリカとその取材範囲は無限大。近年では日本各地にあるヤバイ地域の潜入ルポなどやたら周辺が騒がしい。

その姿は人気番組「クレイジージャーニー」(TBSテレビ系)でもお馴染みで、日本で最も有名な危険地帯ジャーナリストといっても過言ではないだろう。YOUTUBEチャンネル「丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー」はチャンネル登録者数76.3万人を超える人気コンテンツとなって各業界のヤバイ人たちが軒並み出演している。

著書は『アジア「罰当たり」旅行』(彩図社)、『アジア親日の履歴書』(辰巳出版)。『世界の混沌を歩く ダークツーリスト』(講談社)など多数。

ハードコアチョコレートとのコラボは、丸山ゴンザレスの生き様に着目し、ストリート臭を全面的に推し出す。フロントにはグラフティ風の丸山ゴンザレスの文字が、バックプリントでは混沌とした世界地図を練り歩く丸山ゴンザレスの姿をデザイン。

果たしてこれは危険地帯の通行手形となるのか、ならないのか。
「着て」「歩いて」是非、世界を旅して欲しい!

丸山ゴンザレス/世界危険旅行Tシャツ


Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting