• B-15 HARDCCフライトジャケット
  • 猪木VSマサの決着戦・巌流島決戦!
  • 日本のロック黄金時代、始まる。
  • 怒首領蜂最大往生!!!
  • 冬も特撮タイトルが熱い!ライダーマン、ヨロイ元帥、大魔神!

B-15 HARDCCフライトジャケット

フライトジャケットバナー

ハードコアチョコレート、今季はミリタリー界では定番のフライトジャケットが登場!

コアチョコからリリースされたフライトジャケットは、近代フライトジャケットの礎となるモデルB-15をベースとしたコアチョコ特別仕様!
生地、ワッペン、はたまた裏地にまでオリジナルデザインを踏襲しながらも随所にこだわったフライトジャケットをとくとご覧あれ!

フライトジャケットといえばナイロン素材をイメージしがちだが、コアチョコのB-15では雰囲気抜群のコットン素材を使用し
特有の風合いを醸し出すことに成功。エイジングも楽しめる一品だ!
スタンダードなナイロン素材のフライトジャケットとは違ったコットン素材特有の着心地やコーディネイトが楽しめるぞ!
キルティング裏地はスタンダードなダイヤパターンではなく、オリジナルパターンで個性が際立つ!

さらに特徴でもある襟のボアと襟立て用のチンストラップも再現!
ボアには柔らかな素材を使用しデザイン性だけではなく保温性が優れ実用性も抜群だ!

そして忘れてはならないのがコアチョコフライトジャケット最大の特徴であるワッペンだ!
左胸に燦然と輝くグラップリングマークのワッペンは、ボディカラーにマッチしたヴィンテージ感抜群の仕上がり。
左肩にはお馴染みのHARDCCロゴが鎮座し、シンプルながらも個性を際立たせているぞ!
どちらもこのためだけに作られたスペシャルワッペンだ!

B-15 HARDCCフライトジャケットは再入荷なしの数量限定商品!
コアチョコファン必須アイテム!買い逃しのないように!

(モデル/・レイザーラモンRG/石原希望)

B-15 HARDCCフライトジャケット購入はコチラ!

猪木VSマサの決着戦・巌流島決戦!

巌流島決戦POP

1987年10月4日、プロレス史に残る壮絶な戦いが行われた。

山口県下関市・巌流島。宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の地。歴史的に伝統のある地で雌雄を決したのがアントニオ猪木、そしてマサ斎藤だった。

新日本プロレスは旧世代と新世代の戦いが始まり各地で熱戦が繰り広げられていたが、新人・武藤の旧世代軍加入、個人闘争などで、どんどんと熱が無くなっていく。

主役であるアントニオ猪木も例外ではなく、いつしか目は新世代軍ではなく、ライバルのマサ斎藤に向いていたのである。
「死ぬまでやろう!」
このワードで巌流島決戦のコンセプトは決まった。無制限、無観客、ノールールでの戦い。まさに前代未聞の「果し合い」であった。

16時30分に開始の合図があったが、両者の心理戦、睨みあいは続き戦いは緊迫感を帯びる。
試合は殴る蹴るというプロレスの原点のようなゴツゴツしたものになり、日が暮れても一進一退の攻防が続いた。
最後は猪木が裸締めで勝利。2時間5分14秒での決着だった。

男と男の激突。プロレスのロマンを凝縮した巌流島決戦はこうして幕を閉じたのである。
この究極の試合形式を超える戦いは未だに無い。

そして2021年!
ハードコアチョコレートが巌流島決戦をTシャツ化!
アントニオ猪木とマサ斎藤の承諾を得てあの戦いが蘇えったのだ!シンプルなカラーリングで一切の装飾の無いむき出しのドラマ。コアチョコだから実現した究極のデザイン!
熱い戦いは永遠に忘れてはならないのだ!!

巌流島決戦/アントニオ猪木VSマサ斎藤(かがり火ブラック)購入はコチラ!

日本のロック黄金時代、始まる。

INU

ハードコアチョコレートから新シリーズ開幕!
「日本のロック黄金時代」と称して、日本のロックバンドのTシャツシリーズをリリース!
アーティスト側で発売しているものと少し違う、時代を封じ込めたデザインを目指します!

第一弾はアナーキーとINUの二種類!どちらもあの頃の息吹が蘇える最高のデザインに!

アナーキー

初回生産分は瞬殺でしたが、今なら在庫もあります!年末のコアチョコ・クリスマスキャンペーンと共にどうですか?

◎クリスマスキャンペーン内容
・総合計12000円以上のお買い上げで、もれなくスターロゴクリスマス仕様限定Tシャツプレゼント
(サイズM~XXLのみ)

◎キャンペーン期間
通販:12月20日(月)13時~12月26日(日)23時59分注文分まで

◎Tシャツ入手方法
プレゼント希望のお客様は備考欄にTシャツのご希望サイズをご記入ください。

バッドナイトメリークリスマス

よろしくお願いします!

INU、アナーキーなど、日本のロック黄金時代Tシャツはこちらで買えます!!

怒首領蜂最大往生!!!

どどんぱち

2002年にリリースした『怒首領蜂大往生』、2008年の『怒首領蜂大復活』に続く
株式会社ケイブを代表する看板タイトルの蜂シリーズ完成形!
それが本格派高難易度弾幕STG「怒首領蜂最大往生」だ!

2012年の稼働開始より歴代のシリーズファンだけでなく、
新規ファンを確実に獲得し、未だに根強い人気を誇っている。

「クールでスタイリッシュな新しい怒首領蜂」をコンセプトに制作された怒首領蜂最大往生は、
文字通りシステム・ゲーム性から敵のデザインに至るまで『大往生』の方向性を革新的に発展!

そして、ケイブのシューティングゲームと言えば、BGMの秀逸さ!
過去シリーズのフレーズがふんだんに盛り込まれており、シリーズのファンならば苦楽共に思い出しながら楽しむことができる。
もちろんBGMだけでなく過去にリリースされたタイトルをオマージュした演出も随所に仕込まれており、
旧作ファンの心をガッチリ掴んだ作品となった!

そんな怒首領蜂最大往生とハードコアチョコレートがタッグを組んだ!
エクストラボスである「陽蜂(蜂形態)」をフィーチャーしたデザインは、
ハードコアチョコレートならではの個性が余すこと無く生かされている!

もちろんエレメントドール達もプレイヤーをそっと応援するかの如く存在感を発揮!
史上稀に見る怒首領蜂最大往生Tシャツを纏って「理想の街」へ向かえ!

ケイブ×ハードコアチョコレート「怒首領蜂最大往生」Tシャツ

冬も特撮タイトルが熱い!ライダーマン、ヨロイ元帥、大魔神!

ライダーマン大魔神

コアチョコは冬も特撮タイトルが熱い!大好評の仮面ライダーシリーズからライダーマン第二弾、そして宿敵ヨロイ元帥!さらに大映からは大魔神もリリース!

大魔神逆襲、ガメラなど角川大映はこちら!

ライダーマン他、仮面ライダーシリーズはコチラ!

JUNKHEAD!熱血硬派くにおくん!ビッグ錠!

JUNKHEADバナー

コアチョコ大乱射は止まらない!

新作は365日、いつ発売されるかわからない!そんな訳で期待の新作をご紹介!

世界中が熱狂した奇跡のSFストップモーションアニメ「JUNKHEAD」!

孤高のクリエイター・堀貴秀が独学で7年の歳月をかけて制作。原案、絵コンテ、脚本、編集、撮影、演出、照明、アニメーター、
デザイン、人形、セット、衣装、映像効果全てを監督が担当、そのショット数は約14万コマという驚愕すぎる匠の仕事!

ファンタジア国際映画祭で最優秀長編アニメーション賞を受賞するなど世界的に高く評価、ギレルモ・デル・トロも大絶賛!
コロナ渦で揺れる日本映画業界に新風を吹き込んだ!

ハードコアチョコレートとのコラボで実現した「JUNKHEAD」アパレルは三種類。
パートンとニコが手を取り合い協力する姿が描かれたホワイトバージョン、
劇中で登場する人気キャラの3バカ兄弟がフロントにプリントされたブラックバージョン。
バックプリントは凶悪なマリガン達が。

同時発売のパーカはJUNKHEADの世界を一枚で楽しめるオールスター仕様。
映画にハマった人も大満足のアパレルになった!

JUNKHEAD×ハードコアチョコレートはコチラ!

くにおくんバナー

80年代中盤、不良(ヤンキー)をテーマにした漫画や映画が世間を席巻、
町中に不良がトレンドとして定着し、その決定版となったのがこのゲーム、
「熱血硬派くにおくん」だ!

不良のたまり場のゲームセンターで、1986年に稼働スタート!
テクノスジャパンからリリースされた本作は、のちに大流行となる
「ベルトスクロールアクションゲーム」の元祖とも言われその影響力は今でも続いている!

ハードコアチョコレートはファミコン版に焦点を当て、遂に
「熱血硬派くにおくん」Tシャツをリリース!

アークシステムワークス全面協力の元、ありそうで無かった、
パッケージのくにおくんの勇姿をフロントに!バックは印象的な一面の駅ホームでの死闘を。

殴る音、蹴る音、投げる音!全てが頭の中で蘇るようなデザインだ!

熱血硬派くにおくん×ハードコアチョコレート

ビック錠バナー

日本の料理漫画界のドン・コルレオーネと言えばご存じビッグ錠!
数多くの作品を世に送り出しているが、特に有名なのは「包丁人味平」と「スーパーくいしん坊」!
ハードコアチョコレートはの二大料理漫画のアパレル化を実現!しかもステッカーも同時発売!
こんなステッカー見た事無い!を目指し、どこに貼るんだテイスト全開でデザイン。
大食漢のあの人に誕生日プレゼント!それでもいい!料理は食べるより貼る時代!
貼って貼って貼りまくって、食べて食べて食べまくろう!

ビッグ錠×ハードコアチョコレート

”インドの猛虎”タイガー・ジェット・シン!

ジェットシンバナー

”インドの猛虎”タイガー・ジェット・シン!
アントニオ猪木最大のライバルとして長く新日本プロレスに君臨!

初期新日本ナンバーワン・ヒールとして数々の激闘を展開、その狂気に満ちたファイトは今も我々の脳裏に焼き付いている!
昭和48年川崎市体育館に登場。客席にいたがリングに乱入、山本小鉄を必殺のコブラクローでKO、そのままシリーズに強行参戦した。
狙いはもちろん猪木の首!有名な新宿伊勢丹前での襲撃事件、NWF王座をめぐる血の死闘!猪木腕折り事件!

昭和52年からは盟友・上田馬之助とタッグを組み更に凶暴さに磨きをかけ当時の新日本の選手を次々に血祭りにあげる!
その後、猪木との抗争にピリオドを告げ全日本に移籍、ジャイアント馬場に標的を変える。
平成になってから突如古巣にUターン、景色の変わった新日本プロレスでも大暴れを敢行。
長州力、馳との巌流島決戦など全く衰える事無いシンの姿にファンは狂喜乱舞した。

ハードコアチョコレートはこの偉大なるレジェンド・ヒール、タイガー・ジェット・シンとコラボを実現させるためにカナダ・トロントを直撃!
見事にコラボレーションすることに成功!誰もが待ちわびた、正真正銘のシンオフィシャルのアパレルが誕生した!!

同時発売の上田馬之助、そして最凶タッグも忘れずに!

タイガー・ジェット・シンTシャツはこちら!
上田馬之助はこっち!


Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting