• 俺たちはカンフー映画が好きだった!
  • 嬉しい復刻!狂い咲きサンダーロードが復活だ!
  • 今年はアレンパだ!阪神タイガース、再び!
  • タロウ!レオ!ウルトラマンよ永遠に!!
  • タイガー・ジェット・シン!!

俺たちはカンフー映画が好きだった!

ジャッキー24

ジャッキー・チェン×コアチョコふたたび!

今度はこの4作品!「香港国際警察」「スパルタンX」「サイクロンZ」に「奇跡 ミラクル」!
代表作にして最高傑作!遂にこの作品を胸に纏う日が来た!!!
コアチョコだから実現した究極のジャッキーアパレルを見よ!

ジャッキーだけじゃない!コアチョコのカンフー映画ラインナップはこちら!!

嬉しい復刻!狂い咲きサンダーロードが復活だ!

狂い咲きバナー

1980年、日本映画界に衝撃が走った。

型破りなスタイル、その圧倒的なパワー。炸裂する疾走感。徹底した荒廃感。
石井聰亙が生みだした世界観は、紛れもなく日本映画の新しい夜明けだった。
その映画の名は「狂い咲きサンダーロード」。

幻の街・サンダーロードで繰り広げられる暴走した若者たちのぶつかり合い。
特攻隊長・仁の最後の戦いは永遠に我々の胸に刻まれている!

満を持して復刻されたハードコアチョコレート製サンダーロードは
ファン納得のバイオレンスなデザインだ。

鋼鉄の夢を抱き、地獄まで咲け!

狂い咲きサンダーロード購入はコチラ!

今年はアレンパだ!阪神タイガース、再び!

阪神バナー

2023年、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ阪神タイガース旋風。
その阪神タイガースと、ハードコアチョコレートが2024年!再びコラボレーションを実現。

大山、佐藤、中野、森下、近本、木浪の打撃陣は昨年大活躍した選手!
そして大人気のミエセスもチョイス。投手陣では伊藤将司が!
精度高く緻密にデザイン、シルクプリントされた選手たちの勇ましい姿を目に焼き付けよ!

伝統ある阪神タイガースのマーク、コアチョコロゴの組み合わせは、再び感動を呼び覚ます!
応援用に、そして普段使いにも対応したクールなデザインをこの機会に是非、手に入れてくれ!

球宴が君を呼んでるぞ!!

阪神タイガース×ハードコアチョコレート

タロウ!レオ!ウルトラマンよ永遠に!!

レオタロウ

100種類目を迎えた円谷プロダクション×ハードコアチョコレートのウルトラ怪獣シリーズ

その勢いはまだまだ止まらない!なんとウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、そしてレオ&アストラも登場!
益々盛り上がるコアチョコのウルトラマンアパレル、これは揃えるしかない!!!

円谷プロダクション×ハードコアチョコレート

タイガー・ジェット・シン!!

シン

コアチョコ×ジェットシン

”インドの猛虎”タイガー・ジェット・シン!

アントニオ猪木最大のライバルとして長く新日本プロレスに君臨!

初期新日本ナンバーワン・ヒールとして数々の激闘を展開、その狂気に満ちたファイトは今も我々の脳裏に焼き付いている!
昭和48年川崎市体育館に登場。客席にいたがリングに乱入、山本小鉄を必殺のコブラクローでKO、そのままシリーズに強行参戦した。
狙いはもちろん猪木の首!有名な新宿伊勢丹前での襲撃事件、NWF王座をめぐる血の死闘!猪木腕折り事件!

昭和52年からは盟友・上田馬之助とタッグを組み更に凶暴さに磨きをかけ当時の新日本の選手を次々に血祭りにあげる!
その後、猪木との抗争にピリオドを告げ全日本に移籍、ジャイアント馬場に標的を変える。
平成になってから突如古巣にUターン、景色の変わった新日本プロレスでも大暴れを敢行。
長州力、馳との巌流島決戦など全く衰える事無いシンの姿にファンは狂喜乱舞した。

ハードコアチョコレートはこの偉大なるレジェンド・ヒール、タイガー・ジェット・シンとコラボを再び実現させるためにカナダ・トロントを二度直撃!
今回も見事にコラボレーションすることに成功!誰もが待ちわびた、正真正銘のシンオフィシャルのアパレルが誕生した!!

今再び、あなたの胸で、狂虎シンが蘇える!昭和プロレスよ、永遠なり!

コアチョコ×ジェットシン

1986年の前田日明

1985前田日明

前田日明×ハードコアチョコレート

格闘王・前田日明!

1978年新日本プロレスでデビュー後、将来のエース候補として期待され1982年2月に海外修行でイギリスへ。
クイック・キック・リーとして欧州マット界で頭角を現す。

1983年に帰国、いきなりポール・オンドーフ相手に衝撃の凱旋を果たし一気にトップクラスへ。
七色のスープレックスを武器にIWGP決勝リーグ戦に「欧州代表」として出場。
猪木、アンドレ、ホーガンなど世界のトップクラスを相手に存在感を出し次世代のエースとして期待された!

しかし1984年に疑惑の団体UWF参加の為に新日本プロレスを離脱。
このいわくつきの団体で若きエースとして奮闘した。
UWFは格闘技指向に急速に歩むがやがて崩壊。
そして前田は残されたメンバーと共に新日本にUターン。
イデオロギー闘争として本隊とは一線を画す戦いで猪木砦を攻め続けた。

ジャパン勢のUターン、世代闘争などを経て運命の1987年11月19日後楽園ホール。
長州力への顔面襲撃事件で新日を追放され新生UWFを旗揚げ。
旧UWFよりさらに格闘技色を打ち出したスタイルで一代ムーブメントを巻き起こす。

新生UWF解散後はたった一人でリングスを旗揚げ。
リングス・ネットワークとして世界各国の未知の強豪、格闘技を発掘。今のMMAブームの基礎となる戦いを展開した。

ハードコアチョコレートで実現した前田日明コラボは全部で4種!
「1986年の前田日明」としてこの年にこだわったデザインとなっている!

前田日明×ハードコアチョコレート

ユン・ピョウが!サモ・ハンが!!

香港電影
ブルース・リーからジャッキー・チェンへ確かに受け継がれたカンフー・ブーム。
そして次世代のスターとして注目が集まったのが、このユン・ピョウ!
世界中にカンフーコメディの完成形を見せつけた「モンキーフィスト/猿拳」、そしてサッカー×カンフーの融合となった「チャンピオン鷹」!

そしてジャッキー・チェン全盛期にひと際異彩を放ったオデブちゃん、それがこのサモ・ハン・キンポー!
この体型でキレがある!この体型でちゃんと強い!
見る者を驚かせ夢中にさせた「燃えよデブゴン」シリーズ、その第7弾としてナンバリングされたのがこの「燃えよデブゴン7 鉄の復讐拳」なのだ!!

かつて憧れていたカンフー映画とのコラボは、再び俺たちを熱くする!
その珠玉のラインナップを見よ!

ハードコアチョコレートの香港映画コラボはコチラ!


Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting