• 燃えよ!松竹芸能!
  • 伝説の超獣、再び!
  • コアチョコ×タツノコプロ第五弾発売!
  • 地獄からの復活!ギニーピッグ!
  • 文豪シリーズ第二弾は小泉八雲!!!

燃えよ!松竹芸能!

鶴光他

燃えよ!松竹芸能!

好評なお笑い芸人シリーズに新機軸!
今度は落語家・笑福亭鶴光にミヤコ蝶々!そして現役・安田大サーカスとバラエティに富んだラインナップ!
どれも今まで全く見た事のない新鮮なモチーフ&デザインだ!
是非、あなたの個性的なTシャツコレクションに追加してみれば!?

その他にもあんな人やこんな人!コアチョコの豊富なお笑いラインナップを見よ!!!

伝説の超獣、再び!

ブロディ新

伝説の超獣・ブルーザー・ブロディ!
アメリカ、プエルトリコ、日本を股にかけ最強外人の名を欲しいままにした、その勇姿は今もプロレスファンの心に刻まれている。

スタン・ハンセンとの超獣コンビ、ジミー・スヌーカとの最強タッグ、ジャンボ鶴田とのインター王者を巡っての死闘、そしてアントニオ猪木との運命の出会い。誰にも迎合しない一匹狼を貫くその生き様は「トラブル・メーカー」とも言われた。

日本では全日本プロレスで活躍後、電撃的に新日本に移籍。二度のボイコット事件を経て全日本復帰。
ファン熱望のスタン・ハンセンとの対決も実現させた。
多くの「夢の対決」を残したまま1988年、プエルトリコでホセ・ゴンザレスに刺殺されこの世を去る。

あまりのにも突然の出来事に日本のファンは茫然とした。
しかしブロディの残像はその後も消える事無く、未だに「ブロディ最強論」を唱えるファンは数知れない。
30年数年経った今、ハードコアチョコレートとブロディの完全なるコラボは継続中!
今回は代名詞となったキングコング・ニードロップを前面にデザイン!強烈で説得力のある、あのフィニッシング・ムーブがあなたの胸で蘇る!

ダイナマイト・キッド、ブッチャー、アントニオ猪木にジャイアント馬場!マサ斎藤にロード・ウォリアーズ!ブロディの他にもたまらないタインナップが顔を揃えるコアチョコオンライン!いますぐココをチェックだ!!

コアチョコ×タツノコプロ第五弾発売!

タツノコ5

コアチョコ×タツノコプロ第五弾が発売!

今回は「タイムボカンシリーズ」「ヤッターマン」に初登場の「マッハGOGOGO」「ムテキング」の四種類!
どれもコアチョコならではの外せないラインナップになっている!!!

どんなデザインかはすぐこちらでチェックだ!!!

地獄からの復活!ギニーピッグ!

日野ギニー

恐怖漫画の金字塔・日野日出志!

おどろおどろしく、独特のタッチで描かれたその世界観は
多くの人々のトラウマとなっているだろう!

2016年発売で話題だった、ハードコアチョコレート×日野日出志が、
コロナ渦が続く2021年、新たなラインナップで大復活!

今回のハードコアチョコレート×日野日出志は、何と映像作品へと突入!
氏の映像作品と言えば悪名高いあの「ギニーピッグ2 血肉の華」と「ザ・ギニーピッグ マンホールの中の人魚」!
そして今回は日野日出志が産み出すキャラクターの「恐怖」成分を薄めに、可愛いキャラクターにフォーカスを当て、
隠れた名作「かわいい少女」をアパレル化!

三種共々大胆なセレクトであなたを直撃する!!!

日野日出志×ハードコアチョコレート

文豪シリーズ第二弾は小泉八雲!!!

小泉八雲バナー

「耳なし芳一のはなし」「雪おんな」など〈恐怖の原石〉をたっぷり詰め込んだ『怪談』、
出雲大社に昇殿した初の外国人としての感動を書きつづった『知られざる日本の面影』……

謎めいた日本の魅力を世界に知らしめた文豪、小泉八雲。またの名をラフカディオ・ハーン。

1850年(嘉永3年)生まれ。出生地ギリシャのレフカダ島にちなみ〈ラフカディオ〉と名づけられる。
幼くして両親と別れ、各地を流転したのち、1890年(明治23年)、記者として来日。
以来、伝統的な日本の魅力に夢中になり、失われゆく古来の怪異と美を追い求めた。
1895年(明治28年)、日本への帰化を決意。小泉八雲を名乗る。

没後117年となる今も、二つの名を持つ文豪は、世界中の読者を魅了し続けている。

ハードコアチョコレート文豪シリーズ第二弾としてリリースされるのは「放浪するゴースト」こと小泉八雲!
家紋をあしらったフロントは八雲を知るには十分の有名な横顔。
うっすらと掛かっているゴーストが八雲の生涯をさりげなく映し出している。

バックプリントは八雲の書斎をベースに堂々とした小泉八雲の姿を。
数々の代表作と約束の地・日本列島があしらわれ古いモチーフなのに斬新さを持ったデザインに昇華。
カラーリングは暗黒面を強調するブラック、明治時代の雰囲気を意識したバニラホワイトの二種。
コアな八雲ファンから、これから知るファンまで。

これぞメイド・イン・ジャパン、これぞクール・ジャパン。
偉大なる作家を蘇らせる究極のデザインがここに誕生した!

文豪レジェンドシリーズ

スキャナーズ!ザ・ブルード!

スキャナーズバナー

デヴィッド・クローネンバーグに敬礼っーーーーー!

泣く子も黙るクローネンバーグ初期作品がコアチョコラインナップとして堂々リリース!

鋭い社会洞察力、斬新でオリジナルな映像表現を生んだ「ザ・ブルード~怒りのメタファー」!

超能力者たちの激しい戦いを描くSFスリラーで、のちにシリーズ化もされた人気作品「スキャナーズ」!

どちらも映画の奮起を損なわない素晴らしくクローネンバーグなデザイン!衝撃的な残虐シーンのチョイスはコアチョコの真骨頂!?胸で背中で、是非クローネンバーグ体験をして欲しい!

スキャナーズ(コンセックブラック)

ザ・ブルード~怒りのメタファー

萩本欽一×ハードコアチョコレート!

欽ちゃんバナー

「視聴率100%男」萩本欽一。

80年代のお笑いを語るうえで最も重要で、マストな男。
日本中が彼の虜となり夢中になった。TVを付けると毎日欽ちゃんの躍動する姿に出会えた。そう、俺たちは欽ちゃんが大好きだった。

月曜は『欽ドン!良い子悪い子普通の子』、水曜日は『欽ちゃんのどこまでやるの!』。金曜日には『欽ちゃんの週刊欽曜日』。この三本の視聴率はいずれも約30%。
『ぴったし カン・カン』『オールスター家族対抗歌合戦』なども加わると、100%超えどころではない数字。
あの頃、日本のTVは確実に欽ちゃん中心に回っていた。

その番組内から「欽ちゃんファミリー」という存在も産み出し、その人気は不動のものとなる。
イモ欽トリオ、よせなべトリオにわらべ、CHAーCHA。クロ子とグレ子に斎藤清六。見栄晴や中原理恵なども忘れ難い。
更には素人をスターにしたり、歌手や役者から思わぬ才能を引き出し開花させるのも欽ちゃんの手法のひとつだ。

ハードコアチョコレートは、この欽ちゃんの偉業をた称えてコラボレーションを実現させ、芸人・萩本欽一の存在をストリートファッションとして昇華。
カッコイイ欽ちゃんを2021年に蘇らせる事に成功。

全盛期の欽ちゃんの肖像に茨城ゴールデンゴールズを意識したベースボールフォント。カラーリングも懐かしさと暖かみを重視した二色展開。

あの頃、熱狂した人にはマストバイな完璧すぎるほどの欽ちゃんTシャツが完成したのだ!

萩本欽一×ハードコアチョコレート(ちなみグリーン)
萩本欽一×ハードコアチョコレート(良い子悪い子バナナの子)


Powered by WordPress | Designed by: MMO Games | Thanks to Browser Games, VPS Hosting and Shared Hosting